子供の話を聞くときは

子供の話を聞くときは、話の途中で批判したりお説教するのは厳禁です。
そうすると、子供は自分に都合のいいことしか話さなくなるからです。
失敗したことや叱られたことなど、ママが一番聞きたい話をしてくれなくならないように、いいことも悪いこともひっくるめて受け止めてあげるようにしましょう。
ぷるるん女神 効果 副作用

学校や友達のことを話したがらなくなっても、テレビや遊びのことなら、嫌がらない場合も多いようです。
どんな話題であれ、親子で会話を楽しめる雰囲気を作ることが大切です。
そうすれば、中学生くらいになって「ちっとも話をしない」と嘆くことにはならないでしょう。
たわいのない話をいつもしている関係であれば、何かの機会に、ママが聞きたいことも、ぼそっと話してくれることでしょう。

ついこの間まで、「ママ、ママ」といっていた息子が、どんどん成長して親離れの第一歩を踏み出すと、自分も子離れしなくてはと焦るでしょう。
目の下のふくらみ 解消 老け顔

子供のしつけで性差を強調し過ぎるのは考えもの

「男だろ、食べろ」「男だろ、泣くな」など、パパが事あるごとに「男だから」を連発するせいか、息子も「女だからダメ」などというように。
エミオネ薬用プレミアムアクネケアローション ニキビに効く

パパはきっと男らしくてたくましい男の子に成長してほしいのでしょうね。
「男だから」という言葉を励みにして、「僕も男だからママを守るぞ」なんて思ってくれればママもうれしいもの。

でもしつけをする上では、あまり性差を強調するのは控えるべきですね。
「男だから芯の強い子に」とか「女の子だから優しく」というのは、性差ではなく個人差です。
男の子だって優しさは必要ですし、女の子にも芯の強さが必要だということが言えますね。
これから成長していくにしたがって、いくらでも男女差は体験するはずです。
今のうちから性差を意識させる必要はありません。

また男の子だから青い色、女の子だから赤い色という考え方も、子供の自由な発想を制限してしまうことになってしまいます。
一望百景は効果なし 口コミ

意地悪をする子とは付き合わせない方がよい?

意地悪をする子がいるのに公園に行きたがる息子。
おもちゃを取られたり、泣かされたりしてばかりなので、私としては一緒に遊ばせたくないのですが。
ラクビ(LAKUBI)口コミと効果 腸内フローラ

自分の子供が泣かされたり、意地悪をされているのを見ると、親としては黙っていられない気分になりますよね。
ましてや相手のママが知らん顔でおしゃべりに夢中なんて状態なら、イライラは募るばかり。

でも、それでも子供が公園に行きたがり、そのお友達がいたら一緒に遊びたいと思っているのだとしたら、それほどママが心配する必要はないでしょう。
もし子供が嫌なら、自分から「一緒に遊びたくない」「公園に行きたくない」と言うはずです。

「あの子と一緒に遊ぶと乱暴なことをする」とか、「おもちゃを取られて泣かされる」と、ママの判断で子供をお友達から引き離したりするのは考えものです。
大人にはそう思えても、子供が一緒に遊びたいと思うには、何か理由があるはずです。
顔の乾燥対策 ヒアルロン酸サプリ